「やまと式かずたま鑑定」 とは、誕生日と氏名から魂の答えを導き出してくれるものです。

数字や文字には、そこに込められた意味があります。自分が何を宿題にして、この世に生まれたのか?ご先祖様とどのような契約をしてきたのか?

また、名前からはその人の資質を知ることができます。

しかし、前進するのは貴女自身です。日々、刻々と時代は変化しております。転換期、気を付けるべき時を知ることで、微力ながらあなたの思い描いた設計図に近づけたら幸いでございます。

 

 

皆さんは、“かみさまとの約束”と言う映画を観たことはありますか?  

私が映画を観て知ったこと。それは、子供は両親を幸せにするために、誰かの役にたつために、自分で母親を選び、自分で人生設計をして生まれてくるということ.

それは、特別なことではなく、どのこも自分の意志で決めて、生まれてくる。残念ながら、この世に生まれる事が出来なかった子でさえも、何かを知らせるためにお母さんを選んでお腹に入ってくること。これは、胎内記憶を持つ、たくさんのお子さんたちの生の声ですから、信用しない理由がないですね。

 

それを知ったとき、3人いる我が子には胎内記憶はないけれど、どんな理由で私を選んでくれたのか?どんな人生設計をもち、どんな風に生きたかったのか?私で良かったのかな?どう育てるのが正解だったのかな?なんて考えていました。
そんなときにご縁があって鑑定して頂いたのが、やまと式かずたま鑑定だったのです。

やまと式かずたま鑑定では、誕生日から自分で決めてきた生き方の宿題、ご先祖様との契約がどんなものだったか知ることができます。また、名前に秘められた、その子の資質を知ることが出来ます。この鑑定を受けたとき、苦労した子育ての点と点が繋がった気がしました。
もっと早く、子供の持ってきた想いを知ることが出来ていたら、もっと子育ては楽しいものになっていたと思います。
ヘッドセラピーにいらっしゃるお客様も、子育てや人間関係で悩まれてる方がたくさんいる。この鑑定はきっとそんな方の力になる・・・、そう思って鑑定士になるための勉強をスタートしたのです。
なんと、そしたら、宮城県にはやまと式かずたま鑑定資格を持った人がまだいなかったのです。宮城県初、やまと式かずたま術、アドバンス鑑定士として、多くの方にお子さん、ご自身、ご家族の方のうちに秘めた想いに気づくきっかけ作りと、想いを知ることで、人間関係が少しでも円滑にいくような気付きを与えることが出来たら幸いです。
やまと式かずたま鑑定は、あなたの背中をポンと押すことの出来る、魂の気付きの鑑定だと思っています。

 

上バナークリックで“かみさまとのやくそく”公式ウエブサイトにジャンプいたします.

“かみさまとの約束”は神奈川県横浜市で産婦人科のクリニックを開業する池川明医師の胎内記憶研究から生まれたドキュメンタリー映画です.

 胎内記憶を持つ子どもたちに、生まれてきた理由について訪ねると、「人の役に立つため」と全員が答えるといいます。「自分が生まれて、お母さんが幸せ、これが子供の幸せ。そして、子供はみんなお母さんを選んで生まれてくると言う。

ただ、胎内にいたときの記憶の話ではない。自分自身が生まれた意味やなぜここに生まれたのか、なぜ試練があるのかを改めて考えさせられる映画であり、私と“やまと式かずたま術”との出会いのきっかけとなった映画でもあります.



1名~2名様鑑定 30分

4,000円+tax


3名~4名様鑑定 60分

7,000円+tax


じっくり鑑定 90分

10,000円+tax



≪オプションメニュー≫

10分延長ごと +1000円+tax

開運波動上昇ヒーリング付き ※全メニュー +1000円+tax

ゆったりとしたリズムで頭のツボをやさしく刺激しストレスなどで硬くなった頭の筋肉をほぐし自律神経を整え、自然回復力を向上して頂くことを目的としています。詳細はこちらをご覧下さい≫

エッセンシャルオイルの効果とマッサージにより身体に溜まったマイナスのエネルギーを浄化し、前向きな本来の自分に戻るお手伝いをさせて頂くものです.詳細はこちらをご覧下さい≫

潜在意識で色を選び、枠を外してリライトしていく事で、日頃使っていない新しい脳の領域を広げて行きます。現在、"ファーストステージ"開催をご案内しております≫

数字や文字には、そこに込められた意味があります。自分が何を宿題にして、この世に生まれたのか?ご先祖様とどのような契約をしてきたのか?詳細はこちらをご覧下さい≫


現在 ご案内可能な講座はございません.決定し次第ご案内させていただきますので、もうしばらくお待ちください.詳細はこちらのをご覧下さい≫


“リセット・サロン 想 —そう—”  オーナーセラピスト、佐藤久美子のブログ.不定期の公開ではありますが、佐藤久美子の生の声をお楽しみください.ブログはこちら≫